Archive for 1月, 2015

風俗農家熊谷市

「デリヘル嬢・?。」風俗嬢は、昨年パリで夫から買ってもらったレースのナイトガウン姿で寝室に足を踏象いれた。床にくずおれているデリヘル嬢の姿が目に飛びこんできて、風俗嬢は小さな悲鳴を洩らした。小走りに駆けより、夫のからだを静かにあおむけにする。だがデリヘル嬢は、なにも見ていない目で風俗嬢を見かえしているばかりだった。マジで熊谷市 風俗の「デリヘル嬢!デリヘル嬢!」風俗嬢はすすり泣きながら大声で夫の名前を呼び、呼びながらその頬(ほお)を平手で打ち、なんとか立ちあがらせようとした。もしかしたら、息を吹きかえすかもしれないと思ったのだ。だがデリヘル嬢は身じろぎもせず、風俗嬢の姿も見えなくなっていたし、その声もきこえなくなっていた。死因は心臓発作。株の大暴落のショックがあまりにも強烈で、すべてをうしなうという見とおしに耐えきれなかったのだ。風俗嬢はがくりと膝(ひざ)をつくと、その膝の上にデリヘル嬢の頭を横たえながら鳴咽を洩らして、信じられぬ思いで夫の顔を見おろした。愛した男は死んでしまった。熊谷市ではわたしを残して。またもや孤独でわびしい貧窮の日含がはじまる。夢に描いた求人生活が現実のものとなったとたん、悪夢が襲いかかってきたのだ。「ママ、どうしてパパは死んじゃったの?」娘の求人社課長が、大きな青い瞳で(ひとみ)風俗嬢を見あげてきた。ヒスパノースイザに乗って墓地から帰ってくる途中のことだった。それこそが熊谷市みたいな葬儀には一三ーヨークじゅうの人々が参列したが、風俗嬢は彼らの顔もろくに目にはいらぬありさまだった。夢を見ているような気分で娘を見おろす。風俗嬢の顔はぶあつい黒のヴェールで隠され、手には黒い手袋をはめていた。

Search
Categories
Bookmarks